ご予約はこちら 072-808-8573
11:00~13:00/14:00~20:00 木曜定休

病気は、変化を望むメッセージ ~ 身体の声を聞く ~

人は、なぜ
病気になるのでしょう

一般に、病気は「悪いもの」「ネガティブなもの」と扱われます。

身体が自分の思うように動いてくれなかったり、痛みや不快感が続いたりすると、一刻も早く身体から追い出したい、消してしまいたい、と思うものです。

さらに深刻な状態になると、生活にも影響が出ますし、精神的にもツラく、苦しいこともあるでしょう。

また、病院に長く通うことになるとお金もかかります。

そう考えると、

「ああ、どうして自分だけがこんな目に合わなきゃいけないんだろう・・・」

と、被害者のような気持ちに陥ってしまうかもしれません。

 

ですが、根本的な解決を目指すなら、少し違う見方をしていただきたいのです。

「私が病気になったのは、どんな目的があるのだろう?」

と、捉えてみるのです。

心が病気をつくる

「心が病気を作っている」、という考え方があります。

心と身体の繋がりを感じてみると、病気や症状の真の原因が浮かび上がってくることは多々あります。

たとえば、こんな例があります。

 

  • 「心配性」でいつも何かを心配している人は、慢性的に呼吸が浅くなって「心肺機能」が弱りやすく、咳が出る原因になる。
  • 消化できない要求に対して断りたいけれど言えなかったり緊張しやすくプレッシャーが続いたりすると胃の不調につながる。
  • 目の前の問題について「頭で考えすぎ」たり「頭で理解したがる」と、頭(理性)に偏りすぎて心(感情)がなおざりなり、行動につながらない。頭の中の思考エネルギーが消化されず、エネルギーが滞り、それが「頭痛」となって表れる。
  • こり固まった考えがあると、「首のこり、肩のこり」につながる。

このように自覚できていない思考や、口に出せずに抱えている感情を、症状で“表現”しているのです。

そんな中でも、特に不調の原因になりやすいのが「愛情欲求」です。
「もっと愛されたい」「もっと注目されたい」「かまってほしい」といった思いですね。病気になることで、その欲求を満たそうとしているのです。

 

たとえば、
病気になったおかげで学校や仕事を休める、嬉しい!
と思う気持ち。

 

病気になったおかげで優しく労わってもらえる、注目される!
と期待する気持ち。

 

こういった欲求を抱えている可能性が高いのです。

 

そのような弱者の利得を味わうのがクセになると、病気が手放せなくなり、本来は治るべき病気が長引いてしまいかねません。

ですから、強く健康な身体になるためには、「私は愛されている」という理屈を超えた自信、根拠のない確信を養うことが大切です。「私は愛されている」と確信するだけで、病気にもかかりにくくなるのです。

身体の声を聞き続けていくと
病気が消えていく

このように、身体に表れる症状は、身体の奥深いところから発せられる「内なる声」。

いわば、本音の自己表現のようなものです。

「身体の声を聞く」とは、そのような自己表現を丸ごと受け止めること。

 

  • どのような対処をしたら、身体は喜ぶのか。
  • どんなものを食べたら、身体の調子が良くなるのか。
  • どんなものを肌に塗ると、イキイキするのか。

 

自分の身体の症状から目を背けずに、ありのままを受け止め、見つめてみてください。

ただ、ありのままの状態を肯定的に受け入れるのです。

そうやって毎日、身体の反応や変化を観察しましょう。

それが「身体と対話をする」ということです。

 

自分の身体と向き合い、丁寧に対話をしていくと、だんだん自分の心の動きが細かくわかるようになっていきます。

さらに続けていくと、今まで見過ごしていた身体の変化に気づけるようになっていきます。

 

身体に起こる変化や症状に、何一つ無意味なことはありません。

症状には、身体の持ち主に気づいてほしい、意識を向けてほしい、生活を変えてほしい、という要求があるのです。

そのメッセージに耳を傾け、身体の要求に一つひとつ応えてあげてください。

 

身体の声に耳を澄ますと、きっと大切なことを教えてくれるでしょう。

身体は“自分らしい幸せ”を
知っている

身体の声は、“自分らしい幸せ”へと向かう道案内のようなものです。

メッセージの意味を読み解き、身体の声に従って歩んでいくと、あなたの生活の中の何かが少しずつ変化していきます。

たとえば、働き方食べ方コミュニケーションの仕方身体のケア方法住まう場所、もしくは、日常的につきあう人間関係かもしれません。

 

いずれにせよ、身体が喜ぶ方向へと自分を変化させていくと、心もより自由になって生き方が変わっていきます。

そのプロセスが、自分らしい人生へと進んでいく大切な道のりです。

“身体の声を聞く”ということは、自分らしい人生の方向へ進むための出発点。

身体は、「自分がどう生きたいか」、本当の望みを知っています。

身体は、ご神体です。

身体の声には“神なる意図”があると思って、信頼してみてはいかがでしょうか。

 

「ボディヒーリングサロンゆにわ」では、身体とスムーズに対話ができるよう、その方法をお伝えしながら、身体が目覚めるためのお手伝いをさせていただきます。