私自身が大切にしないでどうする!と強く感じました